お通夜のポイントと流れ

男の人

服装は深く考えない

東京都葛飾区などで急に誰か亡くなり葬儀の連絡が入り、お通夜に参列する場合などマナーを知らないと焦ってしまうので事前に学んでおくとよいでしょう。ある程度の知り合いで時間の都合が付く場合は出るようにして、参列できない場合は弔電を打ち香典は郵送にします。服装は前もって準備をしていたように思われないため平服にする場合もありますが、深く考えずブラックフォーマルかブラックスーツで大丈夫です。そして新札ではないお札を香典として包み、あと必ず必要ではないですが数珠を持って行き受付で香典を渡します。午後6時位から行うところが多いですが、手伝いをする以外遺族は忙しくしているため早く行かないほうが良いです。式場についたら受付を済ませて、仮に遺族の人にあっても長話は避けてお悔やみの言葉と簡単な会話のみにします。これらが葛飾区などでのお通夜のポイントです。

焼香は先に行う人を見る

東京都葛飾区などでお通夜に出るとき、ある程度の流れを知っておくと落ち着いて参列できます。はじめに受付を済ませると開始時間までに皆が着席をしていき祭壇に近いところから遺族、親族、一般参列者となるため葬儀会社の人に尋ねて座ります。そして僧侶が入場して読経を始め、焼香が始まりますが参列者が多い場合は読経の途中から行います。焼香の順番は喪主から始まり親族、一般参列者になり、葬儀社の人が案内をしてくれるので指示に従います。焼香の仕方は事前にその家の宗派がわかっていれば調べることができますが、分からないときは葬儀社の人に聞けば教えてくれます。聞けない場合の方法としては先に焼香する人のやり方を見ることですが、前の人が間違えているときもあるので数人のやり方を見ることです。そして僧侶の退席後、お通夜が終わったら通夜振る舞いになるため誘われた場合はなるべく出るようにします。これらが葛飾区などでのお通夜の流れになります。